スポンサーサイト

自家製ライ麦ルヴァン元種の培養

さて、次に行ったことは、残り1/3になってしまったライ麦ルヴァン元種の培養です。ちょっと話はそれますが、天然酵母を起こすと、種継ぎ、掛け継ぎ、培養、リフレッシュ、液種、元種、中種など、様々な用語が出てきます。最近また、わからなくなりました、、、、。このライ麦ルヴァン元種は、一番最初に起こした液種に強力粉と水を足して作った元種です。この元種に、強力粉と水を足していくことを、正しくなんと言うのでしょう?...

自家製レーズン酵母 2回目の酵母液培養実験(順調みたいです!)

前回からの続きです。前回記事はこちら。自家製レーズン酵母 2回目の酵母液培養実験→http://room55.blog57.fc2.com/blog-entry-1894.html1回目の培養の時のような、明らかな発泡シュワシュワは確認できなかった酵母液。不安が残る中、一先ず完成と言うことで、冷蔵庫で休ませたのが昨日。レーズンも入っていないから、これが酵母液なのか見た目で判断することは難しいです。シードルのようなシュワシュワした泡も見た目では確認で...

自家製レーズン酵母 2回目の酵母液培養実験

スターターとなった酵母液が減ってきたので、前回、1回目の培養を行いました。培養した酵母液はちゃんと発酵したので、その酵母液を使って元種を継ぎました。元種も無事発酵し、完成したので、これは培養が成功したと言えると思います。念のため、その元種を使ってパンを焼いたところ、バッチリ!パンが焼けました。成功が確実となりました。その1回目培養した酵母液が残りわずかになったので、2回目の培養を試みたのが一昨日。果...

我が家の自家製レーズン酵母、こうして継いでいます。(酵母液編)完成!

酵母液を増やす作業の続きです。前回の記事はこちらをご覧ください。我が家の自家製レーズン酵母、こうして継いでいます。(酵母液編)続き→http://room55.blog57.fc2.com/blog-entry-1870.html昨日は窓辺に移動させ、夜はキッチンカウンターに戻して今朝まで常温放置したレーズン酵母の瓶。本当は今朝、様子を見たかったのですが、今日は朝から忙しく、子供たちよりも早く家を出たので、仕事から戻った夕方からの作業スタートです...

我が家の自家製レーズン酵母、こうして継いでいます。(酵母液編)続き

酵母液を増やす作業の続きです。前回の記事はこちらをご覧ください。自家製レーズン酵母液を増やすにはどうしたらよいか?→http://room55.blog57.fc2.com/blog-entry-1869.html窓辺に瓶を置いて2時間経過しました。まずは、底の澱を見てみましょう。澱とは、底に積もった沈殿物のことで、これは酵母が糖分を餌にして増えてゆく中、できる副産物です。この澱の中にも酵母は沢山います。澱がたくさん出来ているということは、レーズ...

我が家の自家製レーズン酵母、こうして継いでいます。(酵母液編)

我が家の自家製レーズン酵母は、オーガニックオイルコートなしのドライレーズンから起こしています。つまり干しぶどう。生の葡萄から起こすこともできるけど、私はドライフルーツを使っています。レーズン酵母の起こし方を調べると数々ヒットします。多少の違いがあれど、そのどれもがとてもシンプル。瓶、ぶどう、水、砂糖、この4つがあれば酵母を起こすことができます。あ、あとは新鮮な空気!そうして出来上がったエキスが酵母...

みかん酵母のその後

みかん酵母を作ったのが昨年12月の頭ごろ。当時の記事はこちら→「我が家の自家製フルーツ酵母たち」完成したみかん酵母を「みかんを入れたまま」冷蔵庫で保管していました。あと数日で1ヶ月になろうとしています。そのみかん酵母がどうなっているかと言いますと、、、、、。完成した当初のままでした!澱はたくさん沈殿しています。みかんは痛むことなく、酵母液の香りも良いです。振ると僅かですがシュワシュワも残っています。送...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。