カテゴリ:今日のベランダ の記事一覧

懐かしい、在りし日のベランダ

今ではその面影すらありませんが(残骸が残っている?)、緑であふれていた頃のベランダです。

あの頃は毎日ベランダで植物のお世話をしていました。懐かしいわ。何時間いても飽きない、癒される空間でした。この頃のベランダ、ちょっとナチュラル感が強すぎたので、確かこの後、床をこげ茶にペイントして引き締めたのです。効果覿面でぐっと大人っぽくなったのを覚えています。作り込んでいく作業。楽しかったわ。
DSC_1125.jpg

鮮やかで美しい季節の花が咲き、殺風景だったベランダが我が家で一番素敵な場所になりました。
DSC_5319.jpg

むき出しの配管も蔓植物を絡ませれば、美しい壁面に変身。
DSC_4672.jpg

蔓バラだってフェンスに這わせればマンションでも咲かせることができます。
2011gardening338.jpg


そのどれも、今は無き姿です。思い出はブログに綴って保管。






帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


我が家のミモザが満開になりました。

我が家のベランダガーデニングの春の主役。ミモザ。

昨年はカイガラムシが大発生して、駆除に明け暮れた日々。薬剤散布はしたくないので、地道に素手で潰していました。大発生の恐ろしさ、、、、、すごいスピードで増えていくのです。

ぶどうの房取りのように、指で挟んで、バババババババーとこそげたい落としたいところですが、それをやると花芽(夏にはすでに蕾が出来ている)を全て落としてしまいます。なので、地道にひとつひとつ潰して駆除。

それでも、大発生を抑えることはできませんでした。ベランダで育てているとはいえ、2mを超える大きなミモザなので、私の作業が追いつきません。

この先、どうせ縮小するのだからと、枝をカットしながら年明けにカイガラムシの駆除に成功しました。疲れましたー。

そうして迎えた春。やっとミモザが満開になりました。かなりコンパクトになりましたが、、、、。
送信者 2016interior


このような長い枝が沢山あったはずなのに、カットを繰り返したので、ちょっと寂しい。
送信者 2016interior


ミモザは枝垂れるほど長くなる枝です。だから、ワサ〜っと重なり合ったほうが素敵なのです。
送信者 2016interior



こちらのように。


ご近所のミモザです。3階に届くほどの大木。それはそれは素晴らしい見事な開花姿です。いったい何十年を経たら、このような立派な姿になるのでしょうか。毎年この時期、このミモザの大木を眺めるのを楽しみにしているご近所さんは少なくないはず。素晴らしいミモザはちょっとしたシンボルです。
送信者 2016interior







帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


リビングからの眺め。借景がダメなら、自分で作りこむ。

昨年から放置したままのベランダ。やっとやっと重い腰をあげて床材を敷きました。

マンション暮らしの我が家。我が家のベランダからの眺めは、お世辞にも景色が良いとは言えません。そこで、入居からベランダガーデニングに力を入れて、第二のリビングと呼べるまで作りこみました。それも、今では縮小傾向です。(あと2年で大規模修繕なの)


傷んだウッドパネルは廃棄して、あえて購入せずに進みます。
送信者 2016interior


レンガとウッドパネルを適当に配置しました。異素材のものが混ざるのも、表情が出て良い感じです。あえてきっちり並べるより、ランダムだったりする方がこなれた感じなのかもしれません。マンションのベランダだってやれば出来る。素敵なベランダに変身させることが可能です。
送信者 2016interior


ベランダの床面全てを敷き詰めるだけのウッドパネルはもう無いので、まずはリビング前と見えるところだけを中心に敷いて、足りないところはそのままで行こうと思います。

空間の繋がりと広がりが出るように、リビングのフローリングの目に合わせて、ベランダも縦方向のラインで統一しています。
送信者 2016interior



さて、バラの新芽も動いてきたし、ミモザももうすぐ満開になりそうです。春は確実に近づいています。開花が楽しみ。それもあと2年。大規模修繕が始まるまでは、現状維持で行きますが、終わったあとの我が家のベランダはどうなっているかな??

植物は思いっきり少なくして、リゾート感満載のモダンなベランダも良さそうです。いや、今度こそベランダ菜園も良い。バラが咲き乱れるバラのアーチも素敵。何が良いかな〜。

ゆっくり考えます。

マンション暮らしでも、ベランダを有効に活用するとリビングが広がり、とても気持ちの良い住まいになること間違いありません!放っておく手はないので、私はベランダ活用を是非ともおすすめします。







帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


胡蝶蘭咲きました

大量に頂いた胡蝶蘭。我が家で育てるべく、株を素焼き鉢に植え替えして、ベランダにてお世話していました。

そのうち2鉢に蕾が付き、無事に開花しました!美しく咲いてくれました。iPhoneで撮ったので、デジイチほど美しく写せていませんが、伝われば幸いです。
送信者 2015gerdnning



この株は、今年二度目の花を咲かせたことになります。花が終わった後、茎の第二節残してカットした実験は無事成功したのでした。頂いた時、咲いていた花より二割ほど小さい花になりました。そこはアマ。そう簡単に大輪にはたどり着けません。大輪を咲かせるには、やはりプロの手が必要なのでしょう。再来年くらいには近づけたらいいなと思っています。

この株は花を6個咲かせました。優秀です。もうひとつは隣にあるのですが、そちらは2個。※背景があまりにも汚部屋すぎるのでブログアップは控えます 2鉢並ぶとそれはそれはエレガンス。部屋に与える印象が全然違ってきます。早く汚リビングから脱却しなければ。
送信者 2015gerdnning



なんとなくですが、胡蝶蘭の育て方がわかってきました。思ったほど難しくはないようです。むしろ簡単。環境さえちゃんと整っていれば放置で良いと思いました。水やりもそれほど必要としないのでね。水のあげ過ぎは禁物ですのでズボラ向き。

蕾から開花する様子です。ふんわりと開いていきます。
送信者 2015gerdnning


開花完了。蕾が全て開花してから室内に取り込みました。すでに3週間咲き続けています。花期が長いところが胡蝶蘭の良いところですね。
送信者 2015gerdnning



しかし、リビングが汚部屋って本当に嫌ですね。夏休みは特に!片付けても片付けてもすぐにゴミ部屋になります。ゴミの量も半端じゃないです。毎日ゴミ捨てに行っている感じ。それだけ飲み食いしているってことですね。

早く夏休みが終わらないかなーーーーー。心待ちにする母なのでした。








帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


胡蝶蘭の花芽が出ました。

頂いた胡蝶蘭。花が終わった後、素焼き鉢に植え替え、現在夏の管理を行っている最中です。


それぞれの株に、いくつか実験していることがあるのですが、二鉢に変化がありました!

茎を第二関節からカットしたところ、新たに花芽が付きました。根元からカットした場合は次の花芽がでるまで時間がかかりますが、茎の第二関節からカットした場合、横から脇芽が伸びて蕾が付くそうです。短期間で次の花を楽しむことができるのは嬉しいです。
送信者 2015gerdnning


小さな脇芽を発見したのが先月。あれよあれという間に芽はどんどん伸び、茎の先に蕾が付きました。同じ実験をした他の株は茎が枯れてしまったものもあれば、そのまま変化なしのものもあります。この違いがどこから来るのか、、、、わかりません。
一つの茎に蕾は4つほど付いています。
送信者 2015gerdnning



どんな花が咲くのかはこれからのお楽しみ。お友達にあげた胡蝶蘭も、花芽が出て蕾を確認できたそうなので、お互いに同じようなスピードで成長しています。おそらく間違っていないのでしょう、とちょっと安心。ただし、これを繰り返すと株が弱るそうなので、この花が咲いたら次は根元から茎をカットしようと思っています。

花が終わり、根元から茎をカットした株は、中心から新しい葉がどんどん顔を出してきます。株が成長している証です。葉は株の脇から出るのではなく、中心から生まれてきます。玉ねぎみたいにどんどん外側の葉が剥がれ落ちていく感じです。
送信者 2015gerdnning


根は現在の根の上から新しい根が生えてきます。梯子を登るように、上へ上へと世代交代して成長し、下の古い葉や根は自然に枯れて落ちていきます。胡蝶蘭ってある意味わかりやすいです。
送信者 2015gerdnning


私はベランダでかなりスパルタで育てています。温室育ちのお嬢様胡蝶蘭では決してありません。お水も霧吹きなんてノンノン。水苔が乾いたら、ホースシャワーで鉢の上からジャバジャバあげています。風通しが良いので、葉の上に水が溜まっても気にしない。直射日光にだけは当てないように注意して、後は適当にしています。

これから夏本番です。注意するところは温度管理と湿度。真夏をどう乗り切るか、、、、、乞うご期待。




さて、毎年可愛い可憐な花を咲かせてくれる夾竹桃。今年も薄桃色のとても可愛い花を次々に咲かせてくれます。葉を食べると牛が狂うなんて、恐ろしい植物とはとても見えない可憐さです。
送信者 2015gerdnning



ああ、可愛いわ、、、、。
送信者 2015gerdnning









帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ