カテゴリ:---ハードパン、セミハードパン の記事一覧

チーズフランスを焼く。

片付けばかりのGWでしたが、最終日はパンを焼くことができました!

チーズを巻き込んだバタールです。

チーズフランスはこのままかぶり付いて食べるのが美味しい。特に焼きたて。バリっとして香ばしいクラスト、チーズとろ〜んとして、しっとり熱々のクラム。この差が美味しいんですよね。焼きたての醍醐味。

今回は加水75%です。毎回加水が違うのは、仕込みが雑になってるから。粉の入ったボールをスケールに乗せて、直接水を投入しているので、ドバドバーっと入ってしまい「入りすぎちゃった!まあ、いいか、、、」こんな感じで加水が安定しないのです。
DSC_7829.jpg

以前は神経質にきっちり計量していたのに、今では適当ー。それでも焼けるからいいのです。それがパン!
DSC_7835.jpg

もっとチーズの量が多くてもいいな〜。目指すは某店のチーズフランス。
DSC_7836.jpg


昨日は仕込み粉750gでチーズフランスを3本焼き、2本はお友達へプレゼントしました。お口に合うかな〜??







帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


セサミバゲットを焼く

いつかのパンです。いつだったけなぁ〜。おそらく一ヶ月くらい前です。

セサミ入りバゲットです。35cmクラスのロングを、見た目まあまあ形良く焼けるようになりました。加水も75%と以前よりは上がってきてます。
IMG_0679.jpg

しかし、焼けば焼くほどハマる、そして疑問も出てくるバゲット。いつもは300度で焼成しているのに、今回は230度です。それでも、こうして問題なく綺麗なフォルムで焼きあがる。クープも開き、水分も飛んで軽いバゲットが焼けたりするのです。不思議〜。300度でうまくいくときもあれば、300度でダメな日もある。もちろん、230度でダメダメな日も当然あります。何が違うの??
IMG_0682.jpg


まだまだ、バゲットに取り憑かれています。





帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


自家製レーズン酵母で、鳴門金時のお抹茶カンパーニュ!

悲しいお知らせです、、、、、。

ルヴァン種で仕込んでいた生地を、ボウルごと床に落としました。パン生地は見事におじゃんです。ああ、、、、


気を取り直して、レーズン酵母元種で生地を仕込み、仕切り直しです。

そして焼けたパンがこちら。(これは昨日の話ね)
1-DSC_0321.jpg

色が綺麗〜。真っ白なお化粧に、抹茶のグリーンがよく映えます。そして皮付きの鳴門金時の黄色と赤色!ああ、お腹が鳴ります。
1-DSC_0320.jpg

スライスして軽くトーストすると、クラストはパリパリ、クラムはもっちりふんわりで美味しい〜。抹茶のほろ苦さと金時芋の甘さがまた良い!家族大絶賛のカンパーニュになりました。
1-DSC_0317.jpg

でも、これはお友達のお宅にお嫁に行くのです。味を確かめないとお嫁には出せません。ごめんね!一切れだけ頂きました。


我が家の分はこれから焼きます。またもや夜焼きね。(これは今日の話)






帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


全粒粉のバゲットは思った以上に、、、、、、

残念な話でございます、、、、。

昨日焼いた、全粒粉のバゲット。バゲットとしては不味くて、食べたくないな、、、、。何が悪いって、全粒粉が多すぎました〜〜 もっちりしすぎているし、粉っぽい香り。当然大きな気泡などはいりません。割合が割合なので、、、、

バゲットはそれだけで美味しくないと、バゲットではない!と私は思っているので、付け合せとして出しても単品で口に入れるには憚れる、、、、。そんなのバゲットとは言えません。
1-DSC_7094.jpg



そこで、タルティーヌに変身!


これで美味しい朝食になりました。
1-DSC_0303.jpg

上に具材が乗れば、逆にとても美味しいの!サックリして、カリッとして、香ばしく、具材を引き立たせるには最高の土台となりました。いつものバゲットだと口に刺さりすぎる硬さと言うか、鋭さがあります。それがない。うーん、、、、何が良いかわかりませんね。と言いますか、用途に合わせてパンは焼き分ける。当たり前と言えば当たり前なのか。料理の基本ですよね。
1-DSC_0313.jpg

先日の胡桃たっぷりのノアレザン。最後の二切れです。
1-DSC_0306-001.jpg

美味しかった〜〜〜〜。
1-DSC_0308.jpg


今日の朝食はすごい美味しく頂けました。朝から幸せ〜


一週間頑張りましょう!






帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


自家製レーズン酵母で作る全粒粉のバゲット&クッペ&ポテサラフランス

ライ麦ルヴァンは現在仕込み中で、明日の朝あたりに一次発酵が上がりそうです。

その間に焼くのは、昨夜仕込んでいた全粒粉のバゲット生地。今回、これでもか!って程、全粒粉を入れてみました。配合的にどうなの??食べて味を確かめたいと思います


今回も焼成実験中です。


熱風直撃は回避でき、クープも安定して開くようになりました。生地の入れ替えをしなくても、最後まで焼成できるようになったことは快挙です。次なるステップは焼き色です。全体と底にもっと焼き色をつけたい!今回、改善が見られるのか!?



仕込み粉は北海道全粒粉とE65のブレンド。比率は恥ずかしいので内緒。加水は70%(レーズン酵母元種含まず)。生地を二分割して、一つはバゲット成型。もう一つはさらに半分にして、クッペとお惣菜パンに成型。3個、同時焼成です。

300度予熱→5分空焼き→300度30分焼成(スチーム5分)→プラス5分追加




今日は、窯入れから順を追って見てみましょう。

窯入れはスリップピールを使います。オーブンシートが斜めっているのは、私の手作りスリップピールがよく滑るからです 素早くシュルンと入れて、素早くバタンと扉を閉める、です。ここかなり大事!多少曲がって入っても直さない。

窯入れ後、すぐにスタートボタンを押します。現在スタートから2分経過しました。只今スチームが入っている最中です。オーブンの自動機能を使い、スチーム5分で設定しています。まだまだ生地はぺったらこいですね。
1-DSC_7069.jpg

窯入れから15分が経過しました。生地はふっくら釜伸びし、クープは開いています。
1-DSC_7071.jpg

残り時間1分23秒となりました。15分経過した生地と変わりありません。気持ちキュっと締まった感じです。焼きが進んで水分が飛んだ、表皮も焼き固まったようです。
1-DSC_7079.jpg

焼成30分では焼き色が足りなかったので、5分追加しました。

さあ、窯出しです。
1-DSC_7083.jpg

うん、全粒粉入れすぎかも! バゲットがバゲットらしからぬー。私には違うものに見えます。
1-DSC_7084-001.jpg


とまあ、こんな感じで焼き上がりました。仕込み粉250gで、このサイズのパンが3つ焼き上がりました。

1-DSC_7087-001.jpg


35分間、300度で焼成し続けているのに、この焼き色です。庫内の熱循環を少し変更しただけでこれですから、家庭用オーブンってとてもデリケート、と思います。

このオーブンで私が望むバゲットを焼くには、もっと生地量を減らす。型を小さくする、細くする、個数を減らす、、、、しかないと思います。

仕込み粉200g以下かも、、、、。一瞬で食べてしまう量ですね



今日はここでおしまい。






帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ