カテゴリ:*子育て* の記事一覧

将棋にハマる息子

藤井君効果で、今は将棋が大ブーム。特に子供教室では毎月続々と入門する子供が増えています。息子も将棋が大好きで、小学校のクラブは迷わず将棋クラブに入りました。

今は将棋の虜。自分で将棋本を見てはああだこうだと言っています。コンピューター将棋をしては、課金したいと騒いでいますが、それはちょっと、どうなの?私にはイマイチわかりません。とりあえす課金は待っておこうか。



テレビの将棋解説を食い入るように見る息子。私にはさっぱりわかりません。
IMG_1076.jpg


プロ棋士が主催する将棋教室にも入門し、せっせと通っています。とても有名な先生で何人もプロ棋士を排出している教室です。通う子供たちも熱い。本人曰く、ものすごい楽しいらしいです。ずっと続ける!と。

子供教室では、学年、年齢、性別を超えて対戦するので、将棋に明るく無い私にはとても新鮮!新しい世界で面白く映ります。だって、いい年のおじさんと幼稚園年長さんが対局していたり、私より年上のおばさんと小六男児が対局していたり。女子高生(それも綺麗なお姉さん)と小学生が対局していたり。将棋盤を挟んで静かで熱い熱い戦いが繰り広げられているんですもの。面白い〜〜〜!!!なんだか素敵な世界を垣間見ている気がします。

100人以上の子供たちが出席手続きをしている様は、すごい熱気でムンムン。ワラワラ、ガヤガヤ、芋の子洗いの状態です。しかし、一度対局が始まると、水を打ったように静まりかえります。100人以上の子供たちがシン、、、、となるのです。と言いますか、もう自分の世界に入り込んで、周りを完全にシャットアウト。ものすごい集中力です。なんて神聖で真剣な勝負の世界なんでしょう。あのピリリと引き締まった空間。音の無い世界でパチンパチンと駒を打つ音だけが響く。一手一手真剣に駒を進める姿は小学生であっても、とても格好良いのです!私はびっくりしました。いつもおちゃらけている我が子も引き締まって見えます〜〜。今時の子供には見えない姿、姿、姿です。

私、迷える母だから、それだけでも息子を通わせて良かった!と思えてしまいます。ピリッとした姿を見られただけでも感動よ。

礼儀作法、将棋道、精神力、忍耐力、集中力、どれも息子に欠けているものがここにはある。スポーツではないのに心技体が磨かれる。なんだかこれって剣道、柔道、弓道、相撲と似ているな、、、、と思いました。


息子よ、何かを学びとっておくれ!!!



将棋は親子でハマる方が多いそうです。その気持ちがよくわかります。対戦できたら楽しいもの。特にお父さんと息子さん。お母さんと娘ちゃんの組み合わせで通っている方も多いです。

将棋教室、なかなか面白いですよ。頭の回転も早くなるし、先読みの力も強くなる。記憶力も鍛えられ、思考力強化に繋がります。そういう意味ではオセロも似ていますね。オセロはパターン数が将棋より少ないので、オセロで物足りなさを感じたら将棋、チェス、囲碁に進んだら良いのでは無いでしょうか。と思いました。



私も今からでもやってみようかな??脳が鍛えられ、ボケ防止になりそうよ。でも、私の頭でついていけるかな、、、、かなり不安ね。







帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


今日も頑張った

息子ネタです。(私の本音トーク)


塾の夏期講習前期が終わって早二日。野放しの息子(小4)に自宅学習を習慣付ける為の、仁義なき戦いが始まっています。イヤーもう本当に大変。過去のテキストを引っ張り出し、単元をひとつひとつ丁寧に復習させることに悪戦苦闘しています。が、大人を舐めるなよ。母は負けません。あらゆる手段を使って、息子が納得して取り組めるように(ここが大事)、仕向けています。私のストレスったら半端ないですけど、ハゲる勢いでこの二日間、なんとか目標量をクリアしています。

そもそも、机に座っても、すぐに勉強を始められない息子。えんびつを落とせば、拾ったそばから消しゴムが落ちる。書こうとすれば芯が折れる。消そうと思えばノートが破れる。腕が痺れて鉛筆が持てないと言い。腹が減ったから力が出ない。食べさせれば腹が痛くなってトイレ。満たされれば眠くてフラフラすると白眼をむく始末。こんなコントのようなバカみたいなことが起こるのがウチの息子。典型的な勉強から逃げるタイプです。やらなくちゃいけないと分かっているのに、やりたくない気持ちが勝り、なんとかやらなくて済むように、子供じみた茶番を繰り広げるのです。夫はヤ○ザのいちゃもんと言っています。ホントお前は最低だねと。

どこぞの教育本では、絶対に言ってはいけない禁止ワードでしょう。子供を否定する、最低と決めつける、子供のやる気を削ぐのは親として絶対にしてはいけないこと。出来た親なら言わないんでしょうね。わかっちゃいるけど、言ってしまいます。我が家は出来た親ではないのです。子供にダメだしなんてもう何十回もしています。褒める、なだめる、持ち上げる、ニンジンだって何本も吊るしています。それでも言わずにはいられない場面が日々沢山ありすぎて、、、、、正しい親ではいられなくなるのです。はーー。本当にもう。何が悪いの?私?私なの!?


このまま中学にいったら完全に落ちこぼれる典型的なタイプです。もう目に見えている。


そうならないためにも、今から打てる手は打っておきたいのが母心。せめて、必要なことだけは最低限でいいからやっておくれよ。それ以上は望まないから。学生でいるうちは嫌だろうが、何だろうが、勉強しなければいけないんですよ。嫌でも辛くても我慢して乗り越える訓練をしているのが学生の期間。早くわかろうよ。


日中、私が自宅に居るのならいいけれど、仕事のため不在。姉は部活で不在。夫は仕事で不在。息子以外誰も居ない状態です。



「えーー、、、ぼっちなの?オレ、、、、、」



ちょっと寂しそうに言う息子。胸がキュンと来たけど、12時(正午)までガーガー寝ている息子を見た瞬間(仕事の合間に戻った私)足蹴にしたのは言うまでもありません。小上がりのベッドから転がり落ちるように飛び出してきました。そのままリビングのソファーに突っ伏して寝ています。息子部屋をリフォームした途端、快適過ぎてぐうたら生活ですよ。


はぁぁ、頭が痛い。他の家族は朝の6時から活動しているというのに!!お前ときたら、惰眠を貪り、6時間もまるまる無駄に過ごしているではないか!!このーーーーーっ!!この有様ではすっかり腑抜けになり、パッパラパーになる!!


監視の目がない中で、子供を躾けるって本当に大変です。しっかりした子供ならまだしも、まったく自制心の効かない息子相手に事を運ぶのは至難の技。


「怒っちゃいけない、怒っちゃいけない、、、、、、これは神様に試されている、私の試練。ここを乗り越えるのが母業。母業、、、、、」念仏を唱えながら、息子に向き合います。(まだ二日目だけど、もう無理そうよ。心の声)



あー。あと何日、私の心が続くかな、、、、夏休みはまだまだあります。この先、全く自信がありません(涙)いつかブチ切れそうです。


明日は三日目。なんとか乗り越えよう。ここで私が負けたら新学期はゼロどころかマイナスからのスタートになりそうです。本当にそうなんだから、恐ろしい。それくらい、息子は何もしません。綺麗さっぱり学習した内容を忘れてくれます。これだけは胸を張って言える。


上の子の子育ては割とすんなり進んだのに(いくつか課題を残していますが)、下の子はまったく真逆を行っている感じがします。

息子さんを成人させた大先輩に話を聞くと、「まだまだ〜、手を焼くなんて、その程度で甘い。甘い。可愛いもの。手を焼くってそんなもんじゃないから。」マジですか?いったいどんな手を焼くんだろう??知りたいけど、知りたくない。そんなんなったらどうしよう??


女の私には到底理解できない男の世界。男の子は宇宙人と一緒で、何を考えているかさっぱりわかりません。息子を見てると単純バカにしか見えませんし。

子育ては語りたいことが沢山ありすぎて、話は尽きません。答えも出ませんし、、、、、。

たまにはこうしてブログに本音や弱音を吐こうと思います。良かったらこれからもお付合いください。






帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


親の悩み どうにも勉強しない息子

もっか私たち夫婦を悩ませているのは息子。息子の教育問題です。

とにかく勉強をしない。自宅学習がまったく定着しません。勉強が嫌いかというと、そうではない。むしろ好き。できないわけでもない。でもやらない。今やりたくない。面倒臭い。テレビが見たい。ゲームがしたい。外で遊びたい、、、云々かんぬん。

学校の宿題も短時間でのやっつけ作業。理由はテレビが見たいから。僅かな時間で、それも読めない字で、そして計算間違いで終わらせる。漢字も微妙ー。土なのか士なのか、判断つかないような文字を書いています。たまに横棒が一本多かったり、、、、。

そんな状態なので、毎日親の雷が落ちてバトルです。もっと真面目に勉強に取り組んでほしいのに、息子にはどこ吹く風で、しまいには「ママ煩い」と火に油を注ぎます。私の頭は大噴火で、穴という穴から蒸気が噴き出す勢いです。カッカきているのは私だけ!?

息子曰く、漢字は似ていればいい。計算も近ければいい。とアホなことをほざいています。(マジでアホなんちゃうか?)


もう、塾に行かせているのがバカらしくなってきます。息子の通っている塾は進学塾です。楽しく勉強ができればいい。毎日の家庭学習が定着すればいい、その先息子が中学受験したい気持ちが芽生えたら、やらせればいい。そんな気持ちで行かせています。たくさんの塾を見て回りましたが、体験してみて一番しっくりときたのが姉と同じ塾でした。我が家にはここが合っているのか??

しかし、弟は姉とはまったく違っていました。月とスッポン。とにかく勉強をしない。自分でやろうとする力がない。親に言われてやっと動く(時にバトル)。もうすぐ塾に通って一年経ちますが、自ら勉強に取り組む姿勢が身につくことを願っていたのに、その様子すら見られない。(こりゃダメだ)

毎月、いつ辞めようか、いつ辞めようか、、、、と思いつつ、ずるずるとここまできましたが、、、、先月、過去最低の成績をたたき出しました。

先生から「お母さん、ショックを受けないでくださいね」と成績表を見せられた時は、、、、笑いが止まりませんでした。ショックどころか、ショックを通り過ぎて、もう可笑しくて可笑しくて。こんな数字見たこともないわ。やらかしてくれる息子。涙が出るほど笑いが止まらず、とうとう私、狂ったか??おそらく塾でも前代未聞でしょう。


7月は先生との面談で何度も塾に足を運び、今後について話し合いましたが、、、、、先は見えず、、、、。

塾は楽しい、だから辞めたくない。勉強も面白い。でも家ではやりたくない。こんな子供のようなことを言っている息子。一番たちが悪いです。本来子供なんだから、それでいいのでしょうけれど、、、、。進学塾ではそうも言っていられません。もっと精神的に成熟していませんと、質と量についていけません。そして自分の足りないところ、強化すべきところを見つけ、学習することができません。

結局は息子次第なのです。息子が変わらない限り、打つ手はないと思います。勉強はやるしかないのです。それも量をこなすしか。それには自宅学習が必要なのです。勉強する為の時間を捻出する。遊びを我慢する強い精神力。時間のやりくりがとても下手な息子。結局は根性がないんだな。自制心もない。楽しいこと、楽なことへ流れる。ようはヘタレなんだわ。今ならまだ遊びも勉強も両方できる学年なのに、、、、、。

そこが治らない限り、本来やるべきこと、進むべき道を自ら見つけることはできないでしょう。親が無理やりレールを敷く、矯正させるはしたくないです。迷っている時、背中をそっと押してあげることはできるけれど、全ては自らの足で進んでほしい。お膳立てや環境整備は必要最低限にしたいと思っています。



転塾も考えて、昨日は夫が別の塾を見に行きました。でも問題はそこじゃないんだよね。それは夫婦で一致した意見でした。

はぁぁ、どうしたものだろう。悩みは尽きません。今日で夏期講習の前期が終ります。明日からが勝負です。







帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


猛暑の浅草

月曜日の話し。


お姉ちゃんが振替休みの為、親子でお出かけしました。この日は30度を超える暑さで、おまけに湿度も高く、死にそうになるくらいのお天気で、私はヘロヘロ。

平日の浅草は空いていますね。久しぶりのお出かけですっかりそんなことも忘れていました。やっぱりお出かけは平日に限る!秋になったら沢山出かけよう。

浅草寺の雷門が瓦の葺き替え工事中でシートが貼られていました。

でも安心してください。本物と見間違うほどの現物をプリントした原寸大シートが貼られていますので、ぱっと見は一瞬わかりませんでした(笑)さすが日本人!芸が細かい。
IMG_0924.jpg

この暑さじゃ人力車も乗りたくない。灼熱地獄で、早々にROXに退避。レトロ〜。
IMG_0921.jpg

レトロと言えば、、、、、地下鉄の浅草線がレトロモダンな車両になっていました!これには驚き!
IMG_0926.jpg

木のぬくもりがあって、これがまた素敵なんですよ。今の生活では電車も全く乗らないので、街の変化に疎いです。いつ変わったのだろう???そのうち、切符も買えなくなる日が来るのだと思います。すでに改札もまともに通れませんでしたし。あー、、、こうしておばちゃん化はどんどん進行していくのね、、、、。
IMG_0927.jpg



暑さって体力を奪いますね。もう疲れ切ってしまい、無性に甘いものが食べたくなりました。夕飯前なのにここからデブ活です。
IMG_0928.jpg

甘くてふわふわのパンケーキを焼き、苺のコンフェチュールをたっぷりかけて、ペロリと食べました。
IMG_0929.jpg


そんな月曜日でした。昨日は仕事三昧。今日はこれから仕事。さあ、がんばろう。





帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


中学1年生にスマホ、PC、タブレットは必要?

我が家の娘(上の子)は中学生になり、スマホに切り替えました。それまではガラケーだったのですが、必要な連絡以外、携帯に触れている時間はほとんどありませんでした。

それが、スマホに切り替えてからは、暇さえあればスマホを触っています。スマホ、スマホ、スマホ。取り憑かれています。スマホで何をしているかといえば、お決まりのLine、youtube、検索、、、、(このままでは完全にバカになる)

使用ルールを決めても一度でも守られたことがありません。当然母は怒り、爆発、噴火です。何度かスマホを取り上げ、娘は泣きつき、改心したかと思えばまた取り上げられ、、、、、。今は学校のお友達連絡も、部活の連絡もLineで回る時代なので、完全に取り上げることはできず、学校から帰宅後はリビングにスマホを置くことで、一応の解決になりました。

親の目の届く範囲でしか触れない環境にしました。はぁ〜〜疲れた、、、、、。それでも気がつけば何時間でも触っているので、時間の管理はまだできていないようです。(当然親の雷が落ちます)

あまりにも酷くなればもう解約です。あんなもんなくてもいいのですよ。ほんとに。



さて、それとは別に、PC、タブレット。こちらも実は必要になってきました。私立の中学ではITを使ったICT(情報通信技術)教育が積極的に取り入れらています。一人一台のタブレットやPC環境が備わっており、タブレットを使った授業、課題の出題も提出もタブレット。Skypeで海外の学校の生徒とディスカッションしたり、遠く離れた学生と共同で研究したり、研究の発表の場もweb上で公開。情報の共有、それに対する生徒のコメント。そんなハイテクな時代。学校ごとに面白いICT教育がなされています。

私立中学の学校見学で、様々な学校を見て回りましたが、本当に驚きました。ここまで教育は進化しているのか!?と。積極的に取り入れている学校もあれば、徐々に取り入れてる段階的な学校もあります。その反面、まったく取り入れていない(見た目は取り入れているけど、実はそれほど活用されていない)学校もあります。

本当に面白い時代です。時代には乗っていかないと。これは波乗りと一緒。でも溺れないように注意しないと。


そんなこんなで話は戻りますが、我が家のお姉ちゃんは自宅学習でPC、タブレットが必要になりました。学校では使いません。ICTとは程遠いロ−テク学校なので。しかし、スマホ一つ管理できない、ルールを守れないお姉ちゃんに、果たしてそれらの端末を与えたらどうなるか??有害な毒になる可能性が高い!高すぎる!!


どうしたらいいのだろう、、、、。悩むところです。



面白いサイトを見つけました。↓↓↓↓↓↓↓

ハイテクな親ほど、ローテクな学校に子どもを通わせる、その理由。【シリコンバレーで人気を博す「コンピュータのない学校」】
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=275937




私もICT教育で学力が上がるとは思っていません。ただ視野は広がると思っています。違った意見、違うものの見方があることを知る。また時間の効率化、世界中から情報収集できる、発信、共有できる。そんなメリット。

でも、その前にその他の毒にやられてしまって、本来の目的を見失う可能性あり。こっちの方が心配です。また情報量の多さで必要外の情報を拾いすぎてしまい、取捨選択を間違える危険性。

コンピューターリテラシーなんて、操作面だけから言えば、今の子供には問題ないほどハードルが低いと思います。今時の子供は知識がなくても、数時間手にしていればあっという間に操作面はクリアしてしまいす。その先に広がる危険性にまでは気がつきませんが、、、、。その辺りを教える場が少ないなぁと思います。

我が家は夫婦でIT業界住人(私は今はパン業界住人)なので、子供には早くからPCやタブレットを触らせて、危険性を教えながら自由に使わせていましたが、それでも子供は失敗するのです。勝手に某掲示板に書き込みしたり、某動画サイトにコメントしたり、、、、、。やらなくて良いことをやります。親が目を光らせているので、すぐに見つかってしまうけど。多少のタイムラグはあるので、親としてはヒヤヒヤしています。いつか大失敗するのでは?と。

うまく使えば、こんな便利なものはないのだけどなー。一歩間違えれば諸刃の剣。特に子供には。


と、言うことで、、、、娘にPCを与えるか、タブレットを与えるか、、、、未だに悩んでいます。お姉ちゃんには小4の時にタブレットを買ってあげたのですが、もう寿命です。バッテリーがダメになりました。なんて寿命が短いの?と思ったら、我が家のタブッレットは持った方みたいですね。

学習で使うとなると画面が大きい方がいいし、、、、。画面が大きいタブレット買うくらいなら、ノートパソコンの方が断然いいし。どちらにしてもなんて贅沢と思うんですが、、、、でも、ここは必要なところだから、ケチっている場合じゃないのかも。

しかし、家計的には痛いわー。次から次へとお金がかかります。子育てって本当に大変!貧乏暇なしとは我が家のことだわ。子供もそこらへん理解して、もっとありがたく思ってくれてもいいと思うのだけどーーーーー。

と母の日につぶやいてみました。









帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ