2015年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
にほんブログ村


Comment (-)

そうだ!脚を切ろう!

お出かけをする度、インテリアショップやファニチャーショップを見つけると必ず立ち寄り、ソファやチェアに座りまくりました。

素敵なソファやチェアは世の中に数多く存在します。もう目がハート。でも、我が家のダイニングテーブルに合う座面の高さと横幅は存在しません。帯に短し襷に長しで、ドンピシャ!ハマるものはないのです。

やはり既製品で合わせるには無理があるようです。それならオーダー(造作家具)しかありません。

オーダーかぁ、、、、、。金額やその後のメンテナンス、耐久年数、飽きた時の買い替えなど、いろいろな角度から検討してみました。寸足らずの既製品で気になるところを我慢しながら使うのなら、オーダーでぴったり希望のものを作ってもらったほうが気持ち良く長く使えます。そして、メンテナンスしながら使い続けることで、その良さがより発揮されるはず。しかし、やっぱり配置換え!となった時、作り付けは自由が効きません。そこはデメリットです。

んー、、、、。家族構成はあと10年、15年もしたら変わってきます。子供達は社会人になり巣立って行きます。そして、その頃には家の設備を入れ替える頃。水回り(システムキッチン、お風呂、トイレ)の交換や、クロスや床などの張り替えになると思います。20年も今のまま現状維持で使うことは恐らくできないでしょう。あちこち痛みが出てくると思います。お金が掛かりますね。300万〜500万は掛かりそう。間取り変更したら更に費用は嵩みます。家族構成が変わったら、間取り変更もしたくなるだろうなぁ、、、、。


我が家はキッチンをリフォームをしようと決めた時がありました。ついでにトイレも変えてしまうプラン。

あの3.11の震災がなければその数日後にスタートしているはずでした。きっと今頃は満足の行くキッチンやトイレで過ごしてたはずです。あの規模の地震とその後に続く大きな余震の数々、、、、。ニュースでは悲しい映像が流れ、子供達は携帯の警報アラームが鳴るたびに恐ろしがっていました。とてもリフォームなんてしている気分ではありませんでした。エレベータもしょっちゅう止まるし、、、、、きっとあの最中、呑気にリフォームなんてしていたら、マンションの住民の方々にとてもご迷惑をお掛けする数日間になったと思います。急遽中止して良かったと思っています。そして現在に至ります。リフォームは今更な感じです。

当時の記事はこちらから。

でも、キッチンはL字からI字にしたい気持ちは強く残っています。次にシステムキッチンを入れ替える時に実現させます。ちなみに業者さんはこんなプランを出してくれました。このプランすごく気に入っているのです。老後、車椅子になっても使い易い設計。
送信者


我が家のキッチンはダイニングとの間にPSがあります。その関係でシステムキッチンは2550mmのI型しか入りません。ちょっと小さいなーと思うのですが、これ以上大きくするには洗面所に手を加えないといけません。こうしてどんどん範囲は広がります。そして金額もアップしていくのですねw
送信者 2015interior


I字のキッチンにすると、現在のダイニングの壁一面が収納になる為、オーダーのソファーが取り壊しになります。それはもったいないなぁ。潤沢な資金があるわけではないので、ケチケチと考えてしまいます。






閃きました!キラーーーーン




ダイニングテーブルの脚をカットして低くしてしまおう!

横幅が合わないのなら、せめて座面の高さが合うようにテーブルに手を加えるのです。そうすれば、殆どのソファが使えるようになります。壁一面のロングシートは諦めます。代わりにチェアの選択肢が広がります。そしてそれが一番手軽でスピーディー。業者にお願いする必要もなく、私たちだけで簡単にチェンジできる方法です。

我が家のダイニングテーブルはセミオーダー。カスタマイズ自由のテーブルです。脚もパーツごとに揃えることができるので、短い脚を購入すれば良いだけなのです。元に戻すことも簡単です。ゆくゆくは短い脚を買って、ガラステーブルの座卓にしようと計画していました。大きなガラステーブルの座卓なんて、かなり斬新だと思いませんか!?そしてモダン。

今回の案はその中間をとって、ソファに合う低めのダイニングテーブルの高さの脚にします。足にはキャスターを付けてもいいかもしれません。でもフローリングだと轍ができちゃうのかな。テーブルの重量がすごいので、、、、。

知恵を絞って色々考えてみると、どこかで落とし所が見つかります。頭の中で、胸の中で、こねくり回して考えることが私は特に好きです。私はこれを妄想とは思いません。妄想は現実逃避だけど、理想を実現するために思考することは妄想とは全然違うと思っています。私の中ではブレストに似ているかも。ひとりブレストw



こうして写真で見ると、我が家のダイニングも随分と変化しました。
<2011年冬>
送信者


<2014年冬>
送信者 2014interior






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

胡蝶蘭の花芽が出ました。

頂いた胡蝶蘭。花が終わった後、素焼き鉢に植え替え、現在夏の管理を行っている最中です。


それぞれの株に、いくつか実験していることがあるのですが、二鉢に変化がありました!

茎を第二関節からカットしたところ、新たに花芽が付きました。根元からカットした場合は次の花芽がでるまで時間がかかりますが、茎の第二関節からカットした場合、横から脇芽が伸びて蕾が付くそうです。短期間で次の花を楽しむことができるのは嬉しいです。
送信者 2015gerdnning


小さな脇芽を発見したのが先月。あれよあれという間に芽はどんどん伸び、茎の先に蕾が付きました。同じ実験をした他の株は茎が枯れてしまったものもあれば、そのまま変化なしのものもあります。この違いがどこから来るのか、、、、わかりません。
一つの茎に蕾は4つほど付いています。
送信者 2015gerdnning



どんな花が咲くのかはこれからのお楽しみ。お友達にあげた胡蝶蘭も、花芽が出て蕾を確認できたそうなので、お互いに同じようなスピードで成長しています。おそらく間違っていないのでしょう、とちょっと安心。ただし、これを繰り返すと株が弱るそうなので、この花が咲いたら次は根元から茎をカットしようと思っています。

花が終わり、根元から茎をカットした株は、中心から新しい葉がどんどん顔を出してきます。株が成長している証です。葉は株の脇から出るのではなく、中心から生まれてきます。玉ねぎみたいにどんどん外側の葉が剥がれ落ちていく感じです。
送信者 2015gerdnning


根は現在の根の上から新しい根が生えてきます。梯子を登るように、上へ上へと世代交代して成長し、下の古い葉や根は自然に枯れて落ちていきます。胡蝶蘭ってある意味わかりやすいです。
送信者 2015gerdnning


私はベランダでかなりスパルタで育てています。温室育ちのお嬢様胡蝶蘭では決してありません。お水も霧吹きなんてノンノン。水苔が乾いたら、ホースシャワーで鉢の上からジャバジャバあげています。風通しが良いので、葉の上に水が溜まっても気にしない。直射日光にだけは当てないように注意して、後は適当にしています。

これから夏本番です。注意するところは温度管理と湿度。真夏をどう乗り切るか、、、、、乞うご期待。




さて、毎年可愛い可憐な花を咲かせてくれる夾竹桃。今年も薄桃色のとても可愛い花を次々に咲かせてくれます。葉を食べると牛が狂うなんて、恐ろしい植物とはとても見えない可憐さです。
送信者 2015gerdnning



ああ、可愛いわ、、、、。
送信者 2015gerdnning









にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
にほんブログ村


ベーカリーで学んだこと

ベーカリーで仕事を始めて、いろいろな事を学びました。まだまだ学びの途中だけれど、現時点でも収穫は沢山


一番は、働いてみないとわからない現場の臨場感。私の想像を絶していました。パンってこうやって完成されるんですね。改めて思いました。店頭に並ぶまで、その全てが家庭で焼くパンとは違います。

基本的な作り方や工程は同じなんですけどね。お店となると、その量の多さと時間。全てにおいてスピードと正確さが必要とされます。そして、食に対する安全性。これは徹底されていますので、全てがその上で成り立っています。

のんびり〜生地の状態を見ながら〜生地に合わせながら〜焼いていた、家庭のある意味お気楽なパンとは大違い、真剣勝負。だってちょっとでも発酵に失敗したり、焼きを失敗したら、全てが廃棄なのですから。売り物にならないのです。これってすごい世界。私はシビれました。

基準が高いってすごいです。絶対に甘くしない。ハードルを下げない。こんな緊張感は、今まで主婦だった私の生活に存在しません。(それはもう、のんべんだらりと溶けていましたから)そんなプロの世界に触れて、ますますパンが好きになりました。

毎日、毎朝、同じようにパンが焼きあがる。判で押したような繰り返しでも、一つとして同じパンは無く、毎日どこかが微妙に違っています。気温や湿度、釜の位置、焼型のクセ、はたまた生地の状態から、成型した人、焼く人の違いで、パンは違ってくるのです。奥が深い、、、、。

それは私にとってドラマのようで、毎日毎日、職場に行くのが楽しみで仕方がありません。今日はどんな顔したパンだろう??と見るのが楽しみで楽しみで〜。もう、どんだけパンが好きなんでしょう 自分でも呆れるくらい、パンの匂いを肺いっぱいに吸い込んでいるド変態です。

あまりに形の良いパンは「スライスしたくない!このままがいいのにぃぃぃ」と身悶えるくらいの変態。

もし時間を巻き戻せるなら、20歳に戻して絶対にパン屋に修行だわ!そしてそのままパン屋に嫁に行こうw



このまま好きなことをずっと続けられたらいいな。と思います。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
にほんブログ村


網戸がベロンベロンです、、、、

これは恐らく息子の仕業。


もともと小さな綻びがあった網戸。どんどん枠から外れ、とうとう網戸として機能しなくなりました。ヒドイワ!
送信者 2015interior


我が家の網戸は中央に仕切りがあるタイプではありません。大きな一枚の網戸。セルフで張り替えることは可能でしょうか???ホームセンターで網戸の網だけ買ってきて、自分で張り替えてみたいところなのですが、、、、、。

失敗してデロンデロンに弛んだ網戸になっても嫌ですし、、、、。どなたか網戸張り替えたことあるよ!と言う方がいらっしゃれば心強い!

とりあえずの応急処置として、ゴムパッキンを途中まではがし、網を引っ張りながら枠に収めてみます。
送信者 2015interior



見た目はそれなりだけど、何日持つかな、、、、そんな感じです。


もう面倒だから業者を呼んじゃう???







にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
にほんブログ村


もう7月ですね。またまたお久しぶりです。

気がつけば一ヶ月放置、、、、。夏休みが目前ですね。どうりで暑いはずです。

雨も降ったし、台風も来たし、プールにも入ったし、あとは子供達の通知表を待つのみ。ギリギリまで給食があることに感謝です。

下の子は学童に入り、今年の夏休みは、夫、姉、弟と毎日3個のお弁当を作る日々が始まります。真夏のお弁当って悩みますよね。痛まないように考えながら作るお弁当、毎朝時間がかかりそう、、、、、。慣れてきたらお弁当もサクサク作れるようになるのでしょうか。


さて、インテリアに関する記事は皆無です。むしろ後退しています。

ベランダガーデニングは床材を全部外して、床掃除を始めたまま随分経ちました。未だ終わっておりません。見るも無残なベランダです。
送信者 2015gerdnning


植物の剪定は終わっているので、緑の占める割合はかなりスッキリしました。今年はオリーブの3鉢が大きくなりすぎたので、結実させずにバッサリ剪定。ミモザは最初の大型台風でボッキリ主幹が折れ、そのまま剪定。シマトネリコもモッサモサに茂り、ふた回り大きくなったので、鉢替えしてバッサリ剪定。どれもこれも大きく育ちすぎました。
送信者 2015gerdnning


胡蝶蘭はベランダに10鉢以上並んでいます。今の所、順調に育っています。新芽が出ているものもあれば、新しい花芽が出ているものもあります。新しい根もニョキニョキ伸びているので、おそらく半数以上の鉢が生き残るのではないかな?と思っています。初めての栽培なので、何が起こっても全てが新しい発見で面白いです。

床はまだ半分しかデッキブラシで擦っていません。残り半分をやり遂げなければ!そして、ウッドパネルをどんどん処分します。来年あたりから大規模修繕に向けた委員会が動き出しそうなので、今からやらないと。どのようなスケジュールになるかわからないので、いきなり立ち入り調査と言われても慌てないように。

我が家の住むマンションはすべての住戸に我が家と同じような奥行きのある大きなベランダが付いています。ルーフバルコニーのお宅はもっとすごいベランダが付いています。そして住戸数の多い大規模マンションなので、大規模修繕はその名の通り、大掛かりなものになることは間違いありません。どのような手順でどの棟から始まるのか、期間はどうなるのか?ベランダ以外に玄関ポーチもすべての住居に広い面積で付いているので、荷物の移動がどうなるのか???かなり不安でドキドキしています。

仕事もしていますし、今までのように自由にできる時間が少ないので、ベランダの縮小は早めに行っておいたほうが安心です。

大分、入居当時に戻ってきたベランダです。
送信者 2015gerdnning



夏休み中、子供たちに遊びながら床掃除してもらいましょうか。ナイスアイデア!






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ にほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。