親の悩み どうにも勉強しない息子

もっか私たち夫婦を悩ませているのは息子。息子の教育問題です。とにかく勉強をしない。自宅学習がまったく定着しません。勉強が嫌いかというと、そうではない。むしろ好き。できないわけでもない。でもやらない。今やりたくない。面倒臭い。テレビが見たい。ゲームがしたい。外で遊びたい、、、云々かんぬん。学校の宿題も短時間でのやっつけ作業。理由はテレビが見たいから。僅かな時間で、それも読めない字で、そして計算間違い...

エッジの立ったプレーンクッペ

今日焼いたパンはプレーンなクッペ。バゲット生地を仕込み(加水70%強)、4分割してクッペ成形。300度余熱、300度で25分焼成。今回は自分なりに丁寧に成形しました。しかし、焼き上がりを見ると、大きさにばらつきがあるのがわかります。分割が適当なんですね、、、、。ビタリと4等分するには熟練の技術が必要です。職場の仕込み担当さんを見ていると、飴切り職人のごとく、トントントントンすごいスピードでそれもリズムに乗って...

息子部屋リフォーム 小上がり収納の内部

リフォーム期間中、ずっと家に缶詰だったので、かなり疲れました。お茶を出したり、三時のおやつを出したり、トイレも洗面も使うので、お掃除も念入りにしなくちゃいけないし、、、、、住みながらのリフォームはその辺り気を使いますね。他にもやりたい部屋があったけれど、一気に全ては、我が家はでは無理だわ。改めて思いました。何回かに分けてやった方がいい。荷物を退避させる場所すらないですもの。さて、リフォーム完成後、...

息子部屋のリフォーム3日目 完成!

息子部屋のリフォーム、本日3日目。一通りのことが終わりました。細かい手直しがあるので、それは週末に。こんな感じに仕上がったんですよ。見てやってください。かなりダークな色。落ち着いた雰囲気です。とても小4のチョイスとは思えない配色(笑)でもこれが素敵なんです。小上がりの収納も思った以上に大人テイストの仕上がりで、これなら大学生になっても社会人になっても問題なく使えます。息子のデスクも一般的な学習机では...

ブラックココア食パンでフルーツサンド

昨日焼いたブラックココア食パンを使いフルーツサンドを。本当は昨日作りたかったんですけど。フルーツサンドは焼きたてのふわふわのパンで作る方が美味しいの。でも相変わらずの夜焼きなので、それは無理でした。さて、作業です。こんな感じでサンド。省略しすぎ(笑)ラップで包んで、冷蔵庫で冷やします。そしてカット。デブ活〜〜〜。そう言えば、、、、、全然色鮮やかではありませんでした。ゴールドキウイと白桃を使ったので...

クルミとクランベリーのワンローフ、とても良い内相でした

今朝、ワンローフをスライスしました。1.5斤型に対して、生地は540g。フィリングのクルミとクランベリーの量は適当です。二段階で巻き込みました。このパン生地はふわふわでしっとりとしたクラムなので、フィリングはあまり多くない方がいい。クルミのコリコリが大好きな私はどっさり入れたいところなんですが、ここは我慢しました。多くするとせっかくのクラムのふわふわ感を味わうことができません。ふわふわの合間に少しだけコ...

ブラックココアの食パンとクルミとクランベリーのワンローフ

昨日焼いた食パンです。角食とワンローフ。そして余りの生地で丸パン。一斤型でカクカクにしました。ブラックココア配合の黒い食パンです。これでフルーツサンドを作りたいのです。パンのブラックと生クリームのホワイト、カラフルなフルーツ、きっと色鮮やかになるはず。楽しみ〜。こちらは1.5斤型でワンローフ。クランベリーとクルミを巻き込みました。フィリングは成型時に入れたので、偏ってないと良いけれど、、、、。スライ...

息子部屋のリフォーム2日目

息子部屋のリフォーム、初日は枠組みだけでしたが、やっと形になってきました。なるほどなるほど。小上がりは収納を兼ねた息子のベッドになります。サイズは200×120cm。内寸は一回り小さくなりますが、仕切りなしの大収納です。これはマンション暮らしの我が家には大変助かる空間です。全て荷物で埋めたら、いったいどれだけの量が入るのでしょうか。取り出しやすさも考えてパンパンにはしない方が良いと思いますが、、、、。そし...

始まった息子部屋のリフォーム1日目

今日も暑かったですね。でも風があるからまだ許せます。我が家の子供達は夏休みに突入しました。中学生のお姉ちゃんは、今月末まで学校の講習会が続き、そして合間に部活。無料の講習会があるのは私立の良いところです。レベルに合わせた講習内容。学習意欲がある子はどんどん参加します。息子は塾の夏期講習。どちらもお弁当持ちです。夫もお弁当なので、夏休みは毎日お弁当3個を作る生活です。私にはこれ以上ない過酷な日々の始...

鉄欠乏性貧血の救世主になるか!?

ここ4年程、鉄欠乏性貧血に悩まされてる私ですが、実は一向に改善されていません。血液中の鉄分(ヘモグロビン)も足りなければ、体内の貯蔵鉄(フェリチン)も測定不可能なほど減少、さすがにその状態が何年も続いてきたため、いよいよ身体のあちこちに不具合が生じてきました。さすがにこれはマズイ感じです。鉄欠乏性貧血、あまりにも酷くなると入院して輸血となります。貧血でですよ?入院なんて信じられない。でも、そうなん...