クラクラ、フラフラ、ゼィゼィ

ブログの更新がままならないのは、忙しいから・・・と思っていたら、実は身体がしんどいのです。

先々月あたりから、身体がだるいなぁ・・・と思うことがたびたびあり、動悸、息切れ、目眩。階段の上り下りに息があがり、週一で行うバドミントンも試合の度、息絶え絶えで休憩する事が多くなっていました。

これは「命の母か!!??」とうとう私にも来たのねー 焦っていましたが、原因が分かりました。

鉄欠乏性貧血でした。鉄欠乏性貧血はこちら。

春の健康診断でひっかかりました。今までオールAだったのに、初の再検査です。ヘモグロビンも血清鉄も最低値より下ですが、フェリチンに至っては少な過ぎて測定不可だそうで・・・

貧血なんて妊娠時以来です。子供達ふたりともお腹に居る時は酷い貧血で鉄剤を飲んでました。後期になっても貧血は改善されず、確か出産までの2週間、造血剤の静脈注射を打ちに毎日病院まで通っていました。またあの日々が??と戦々恐々としています。

実は私、注射針にめちゃくちゃ弱い人なのです。先端恐怖症ではないのだけど、針が肌に刺さることに異常に反応します。心拍数があがり、呼吸が浅くなり、そのうち目の前が真っ暗になってバタンと倒れるのです。

毎回採血は手こずります。血管が細くて遣り難いらしく、何度もやり直し、両腕に内出血が出来る程針を刺されます。最悪なことに、採血中に血が止まる。殆ど血が出てこないのです。何度も針を刺しなおし、グリグリとやられます。チューブで強く腕を縛られているのに、掌グーパーを繰り返せなんて至難の業。指先までしびれて出来ません。そうこうしているうちに30分経過とかザラで気分が悪くなってしまうのです。

これは子供の頃からで、重度の注射恐怖症です。

さて、貧血は女性に多いですが、実は男性の貧血はかなり深刻な病気が隠れている場合が多いので、お医者さんも緊張が走るそうです。(男性の方、貧血くらい〜と甘く見ては行けませんよ〜)

私はこれから婦人科系の疾患がないか検査して、貧血の原因として考えられるものをひとつひとつ潰して行きます。大した事がないといいのだけどな。病気は早期発見が大切ですね。健全な毎日と定期的な健康診断!これに尽きます。


話は逸れましたが、これから数ヶ月間、スポーツは控えます。食べ物の組み合わせに注意して、鉄剤飲んで、数値が上がれば万々歳。早く動悸、息切れ、目眩からサヨナラしたいです。



関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する