使いやすいキッチンとパン作り

パン作りにハマり、毎日パンを焼く日々。腕の方はひとまず置いといて、我が家の狭い使い難いキッチンでパンを焼くにはどうしたら良いか!?新たな課題です。


パン作りを作業しやすくするには広いキッチンが理想的。しかし、我が家のキッチンは狭い。ここで毎日焼くとなると、ちょっとしたことがプチストレスになってきます。そこで、少しでもストレスを無くす為、小さなことから頑張ります。

そのひとつ。レシピはこのようにして目の前に吊るし、少しでも作業スペースを確保。大きなホームベーカリーをワークトップに乗せて、空いた場所で作業しています。
送信者 2014interior


嵩張るホームベーカリーとオーブンの天板はIH下の一番大きな引き出しに収納し、パンの型やマットは食器棚の一番下の大きな引き出しに収納しています。その真上にはオーブンがあるので、大きな移動をすること無く、360度身体を転換させれば全ての出し入れが出来る状態です。
送信者 2014interior


L字キッチンで作業するには、無駄な動きを無くす配置が一番です。今はこれが使いやすいので、暫くこのまま様子をみます。
送信者 2014interior


生地作りはずっとオーバーナイト法です。回数を重ねるごとにコツがわかってきました。白い蓋はフランスパン生地。ピンクの蓋は食パン生地。どちらもイーストは1g以下です。
送信者 2014interior


野菜室で一晩じっくり発酵した生地がこちら。いい感じで発酵が進んでいます。白い蓋のフランスパン生地は、一次発酵の時点で既に気泡が入っています。それぞれ生地の違いが良くわかります。違いがあるのは当たり前なんだろうけど、初心者の私にはこうして見比べてみる作業は大切。目で見て初めて良くわかることが多いです。
送信者 2014interior



先日食パンの型を買い、山食パンに挑戦しました。
送信者 2014interior


オーブンの天井に付きそうな程、膨らんでます。すごくいい感じ!
送信者 2014interior


期待たっぷりで焼き上がったのに、最後、型離れが悪く、そこで失敗。見た目の悪い山食パンになってしまいました。はー残念。本当に悔しいわ。最初の型の空焼きが甘かったんですね、、、。もう一度、空焼きをやり直しです。

そんな状態で、まだまだ課題が多いけれど、最初の頃より確実にスキルが上がってきているのを感じます。久しぶりにキッチンに立つことが楽しくなる、ウキウキとした日々。主婦業を満喫しています。

使い難くて嫌いだったキッチンが少し好きになりました。良かったわ。



関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する