自家製酵母 レモン酵母のカンパーニュ

出来上がったレモン酵母。悩んだ末に、ストレート液で使うことにしました。

なにしろ、初めての自家製酵母です。一週間以上掛けて作ったのに、成功か失敗かもわからない代物に、更に日数掛けて元種を作るなんて、そこまでは待てません 成功か失敗か、今すぐ知る為にも、すぐにでも使いたい!

そこで、ストレート液を使ったカンパーニュを焼くことにしました。すごいドッキドキ。



昨夜、生地を仕込みました。私の自家製酵母は元気があるのか無いのかもわかりません。元気が無いと発酵に時間がかかるそうで、ここはヨーグルティアの力を借りて、一次発酵を安定して行うことにします。

昨日の夜仕込んで、10時間経過の本日の朝。ちゃんと発酵していました。と言うことは、レモン酵母は成功したってことなのかな??
送信者 2014interior


このまま仕事に行ったら、発酵が進んで容器から溢れちゃいそうなので、発酵を遅らせる為に外の寒い場所に移動。仕事から戻ったら、ちょうど良い具合の3倍に膨らんでいました。
送信者 2014interior


焼けたカンパーニュがこちらです。
送信者 2014interior


高さが出なかった 途中まではいい感じで進んでいたんですけど、全然釜伸びせず。
送信者 2014interior


クープはスパッと入りました。これで膨らんでくれたらなぁ、、、、。二次発酵がダメだったのかな?自家製酵母は初めてなので何がどう悪いのか全然わかりません。回数をこなさないと自分のものにはできませんよね。まあ、最初から成功することを考えてはダメってことで、早速、次なる酵母「リンゴ酵母」を仕込みました。


さて、自家製レモン酵母カンパーニュのお味は、、、、、レモンの香りがしました!味と言うより香り。食べていると口の中にレモンの香りがほのかに広がります。そして僅かにレモンの酸味を感じました。サッパリとした爽やかな味。面白いわ〜〜。

これで酵母液は残り僅かになりました。この量だと元種を作るには少なすぎるので、仕込んでいるリンゴ酵母に混ぜてしまおうと思います。出来上がった酵母液を少し加えることで、発酵が進むそうです。





<私の覚え書き>
粉:リスドォル170g
酵母:自家製レモン酵母
捏ね:ヘラで混ぜる
一次発酵:28度で10時間、常温寒い場所で4時間
二次発酵:35度で120分
焼成:自動フランスパンコース(1段焼き)
完成まで:17時間


関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する