2015年、初焼きです。全粒粉のカンパーニュ

2015年、初焼きのパンは全粒粉のカンパーニュです。(他にも山食、総菜パンも作りました)

そそそそそそそそれも!クープがバリっと開いた、理想型のカンパーニュ〜〜〜

焼けました〜!!今まで焼いたハードパンの中で一番ハードらしいパン!フィセルの記録を塗り替えましたよ!
送信者 2015interior


でもね、よく見ると(見なくてもわかるけど)100点ではなくて50点のパンなの。クープがね、クープが片方ね、、、、開いてないのよ

クープの深さと角度が難しい。特にバケットと違い、十文字に入れるカンパーニュは、交差するクープが微妙な差で引っかかり、開ききらないことが多々あります。逆にバケットの場合は帯切れとか、コブとか、またカンパーニュとは違った難しさがあります。
送信者 2015interior


今回、十文字のクープがどちらも開いていたら、私の中で完璧なカンパーニュになったのに エッジがね、エッジが立っているってね、このことだったのね〜
送信者 2015interior


実は実は今回、あまり期待しないで焼いたのです。焼成もビストロのオート機能を使い、特別なことは何もせずに焼成。いつもはオーブンに張り付いて、気にしながら焼き上がりを見ているのに、今回はテレビを見ていました。そして、忘れた頃にオーブンを覗きに行ったら!!!なんと〜〜〜!まさかの釜伸びです!!嬉しい〜〜
ここに来て、やっと手応えを感じました。今回はいつもと違うぞ!と。
送信者 2015interior


ビストロ、すごい!もしかしたら銅板いらないかもしれません!

今回、レシピは自己流(ベーカーズパーセントも適当)、私が作った自家製酵母の発酵種を使い、生地の状態を手で確認しながらニーダーで捏ねました。それも、ニーダーの最小粉量よりも少ない粉でニーディング。ニーディングはストレート法で短時間。かなり自己流です。捏ね上がりの生地は思った以上にベタベタでした。今回もまた失敗だろうな〜と半ば諦めモードでしたが、一次発酵を終えた生地は信じられないくらいしっかりとした生地でした。これはイケルかも?と一瞬成功が頭を霞めたけど、まだ次なる課題、二次発酵が残っています。今回の課題は二次発酵を短くすること。いつもより少し早い段階の生地状態で終わらせる。その見極め加減の実験です。そしてオートの焼成。

その結果がこちらです。クープは失敗したけれど、他は大成功。今まで何が悪かったのか、今回で明確になりました。私の中で学びが多かった初焼きです。もう、階段を一気に5段ぐらい上がった感じです。
送信者 2015interior


家族で美味しく頂きました
送信者 2015interior




次に焼くカンパーニュは是非とも成功したいですね。ファイト!




<私の覚え書き>
粉:レジャンデール、全粒粉
自家製酵母:りんご酵母発酵種
捏ね:ニーダー
一次発酵:常温で6時間
二次発酵:常温で40分
焼成:自動フランスパンコース(1段焼き)




関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する