フランスパン修行 本日2本目 〜劇的に改善されました〜

写真には残していませんが、昨夜焼いたフランスパンはお友達のお宅に引き取ってもらい(焼きたてをプレゼント)、その後、明け方4時にもう1本焼きました。

温度設定を変えて実験してみたけれど、それでも満足の行く結果にはならず、、、、。難しい、、、、。失敗作はスライスして冷凍庫行きです。フレンチトーストやラスクに変身させます。

さらにもうひとつ試してみたいことがあったので、本日の昼間、2本目を焼きました。そう、私はかなりしつこい いえ、粘り強い性格なのです


すると、劇的な改善が見られました!

大分まともなフランスパンになっています。ワイルドさには欠けるけど、優等生な感じがします。
送信者 2015interior


わずかですがエッジもあり、コブのような、山の膨らみもあります。
送信者 2015interior


フランスパンは焼き上がった後、バチバチという音がします。これを「天使の拍手」と言うそうです。今回も鳴っていたので、焼成温度は問題ないと思いました。前回までも天使の拍手はあったけど、焼成温度が今より高かったので、もっと黒々していました。今回はきつね色。焼き色が大きく違っています。
送信者 2015interior


配合は今までとまったく同じです。温度設定とちょっとした工夫で、これだけ見た目が違うバゲットになりました。(バゲットと呼ぶには長さが短いのですが、我が家のビストロで焼くには最長サイズなので、あえてバゲットと呼ばせてください。)
送信者 2015interior


でも、残念なことに、まだまだ三本目のクープは開けていないのです。ほら。そしてまだ、焦げ目が付いています。でも、これ以上焼成温度を下げたら、うまく焼けない気がします。2本のクープに悪影響が出ないか、、、、心配になります。せっかくまともになってきたのになぁ、、、、。ゴールは果てしなく遠い。

何か左奥だけに有効な熱を遮る工夫を考えないといけません、、、、。これ以上焼成温度を下げたらどうなるのでしょう??今回は上に鉄板を乗せて熱風が直接当たらないようにしました。そしてスタート250度予熱(庫内の実際の温度は220度)で10分。その後200度で20分焼成しています。どうしたら良いのだろう、、、、。
送信者 2015interior


長さは全長44cm、中心の一番太いところで24cmありました。

私はどうしてもこの長さで焼きたいので、3分の2に縮めることはしたくありません。それはもう、最後の最後の最後の最後の最後の、、、、手段。もう打つ手が何もなくなった時に妥協する案です。それまでは、なんとか焼けるギリギリの長さのバゲットを焼きたい、強い思いがあります。
送信者 2015interior




打開策を見つけよう。きっと何かあるさ。





関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する