ライ麦ルヴァン種で焼いたバゲット

先日から種おこしをしていたルヴァン種。元種まで作り、やっとパン焼きに漕ぎ着けました。と言っても、ここ数日ではなく、もう少し前の話ですが、、、、。


焼けたのはこちら。type ERにライ麦と全粒粉を配合しているので、内相は色濃くややねずみ色。
送信者 2015bread


つんとライ麦特有の香りと酸味がある大人のバゲットになりました。
送信者 2015bread



私的にはすごく美味しいバゲットでした。持ったら軽くて、叩いたらキンキン音がなるバゲット。もう大満足です。食べると口に刺さるクラスト。バリバリです。皮がこんなに厚く、バリバリに焼けるとは思っていませんでした。決してオーブンの焼成温度とかが理由ではありません。微サフのバゲットとまったく同じ焼成条件で焼いています。これは酵母の違い。すごくよくわかりました。

カット写真がないのが残念です。あっという間に食べちゃいましたので。

ライ麦ルヴァンで焼いたバゲットはクラムとクラストの差が激しく、私のにとって今まで焼いたバゲットの中で一番のハードパンとなりました。記録を塗り替えました。当分ルヴァンにはまりそうです。


ということで、今もまたルヴァン種を使い、バゲット2本を仕込み中。今日はベーカリーに持参して店の釜で焼いてみようと思っていますが、思ったよりも一次発酵の上がりが早い、、、、。(すでに14時間経過)今日は暖かいですものね。
送信者 2015bread


1本は自宅で焼いて、もう1本はベーカリーで焼こうと思います。
送信者 2015bread


さて、午後から出勤の私に間に合うのか!?


関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村



管理者にだけ表示を許可する