自家製レーズン酵母の培養はうまくできたみたい

今日も我が家のレーズン酵母は元気いっぱいです。

昨夜、半分になったレーズン酵母の元種に全粒粉と水(1:1)を足し、常温で放置し発酵を待ちました。今朝には2倍に発酵していたので、培養は成功しました。(黒いラインが発酵前の位置)
送信者 2015bread


冷蔵庫に入れて1日寝かします。これ以上嵩を増やす必要はないので、使って減ったらまた培養を繰り返したいと思います。
送信者 2015bread


培養の方法もNETで調べると人それぞれで、粉と水が3:2もあれば、粉より水が多いものも。全粒粉ではなく強力粉を使うものもあるし、、、。自分にあった培養方法とサイクルを見つけるには、情報を仕入れたあと、自分で精査し、自分の理論に基づいて実験するのが一番だと思いました。その結果を基に、さらに足したり引いたりしたら、最終的に我が家の酵母が出来上がるのではないかなぁ〜と思っています。

なんだかぬか漬けと似ていますね。同じ材料を使っても、各家庭それぞれ違ったぬか床が出来る!みたいな。硬くても緩くても、塩っぱくても辛くても甘くても、漬ければちゃんとその家のぬか漬けができる。これぞ各家伝承の味。

注意したいところは、雑菌を繁殖させないように衛生管理だけは気をつけます。(瓶や器具の消毒)そこさえ押さえておけば、酵母の培養ってそれほど神経質にならなくても良いと最近わかりました。(失敗することがなくなったから)

さて、明日はこの元種でパンを焼いてみたいと思います。ちゃんと焼けるかしら??




関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する