恥かきのバゲット、でも何が美味しいかなんて、見かけでは全然わからないと知った日

思いっきり笑ってしまう、後ろにひっくり返ってしまう、そんなバゲットを焼いた日がありました。

記事にしたいしたいと思いながら、他にも書きたいことが沢山あるので、今日まで伸びてしまいました。パンの話なら、溢れるほどあります。毎日何度更新しても足りないくらい。と言いますか、むしろ、パンオタの人と話しまくりたい。先生と呼ばれる人、マイスターと呼ばれる人、そんな方々と死ぬほど話したい。日々、そんな心境でいます


ウザくて嫌われること間違いありません。





さて、恥かきバゲットの話し。

それがこちらです。この日は細身のミニバゲットクッペを焼いたはずでした。なぜかクープとは全然関係ないところから膨らみ始め、裂け、しまいには天板の上で倒れそうなほど傾き、、、、私ビックリ

(酵母:自家製レーズン酵母元種、粉:TypeER、加水:65%酵母含まず)
送信者 2016bread


ナニ?この立派な力こぶ??!?(・_・;?
送信者 2016bread


こちらはクッペのはずだったのですが、、、、いったいどこに向かって伸びてるの??私の首も一緒に傾いてしまいました。
送信者 2016bread


カットしてしまったので、全貌が伝わりませんが、爆発した塊みたいでした。確かこの日は成形もホイロも焼成もいつもとは違うやり方でした。


これは大失敗!ハードパンとしてはありえない!と思いました。


でも、でも、でも、信じられないくらい美味しかったのです。カットした半分を深夜にも関わらずペロリと食べてしまった私。深夜には絶対に食べないことにしているのに。まるで取り憑かれたようにむしゃむしゃ食べてしまいました。
送信者 2016bread



あれはなんだったのだろう???すごい甘かったのです、、、。皮はパリパリして、中はもっちりしていて、とても香ばしく、でも、もっちりしているのにまったく重くない。とにかく甘かった。口の中に広がるハーモニー。震えるほど美味しい、、、、。



パンの本当の美味しさなんて、見かけでは測れないし、見た目の細かいところを気にしたところで、味には反映されていないのかもしれません。全ては、美味しくなる条件が揃った時、ぴたりとピースがはまったとき、見目形に関わらず神は降りるのかも、、、、。ブルっと震えそう。


もう一度あの味を食べてみたいです。

ただ単に私がお腹を空かせていただけだったら、それこそ倒れそうですけど






関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する