自家製レーズン酵母の酵母起こし(その後)

レーズン酵母を新たに起こしていますが、今回は酵母液も入れています。

瓶の中には、レーズン、水、砂糖大さじ2、酵母液(大さじ3くらい)

もう慣れてきたので、計量はしていません。瓶の中に2/3ほどのレーズン。倍の水、砂糖は大さじで量っていますが、まあ適当。そして、冷蔵庫で保管している、あの私が培養した酵母液(一応ちゃんと培養できていると思っている)を目分量で大さじ3ほど入れてます。

<初日>
泡もなく静かでした。しかし、半日後にはシュワシュワしてきました。冬なのに早いと思いました。
送信者



<二日目>
昨日の時点です。シュワシュワ、ブクブク。レーズンが勝手に上り下りし、ガスが沢山出ているのが目で見てわかります。酵母が沢山できている証拠。とても活発です。
送信者 2016bread


まだ沈んだレーズンがあります。全てが浮き上がらないとダメです。
送信者 2016bread



<三日目>
今朝の時点です。瓶を振らずとも泡はブクブク。瓶を振れば、シュワシュワブクブク気泡が上がってきます。もう8割できている感じです。でも、もうちょっと待ちましょう。完全にレーズンが浮き上がるまで。
送信者 2016bread



冬なのに、発酵が早いのは、水と一緒に酵母液を足しているからだと思います。すでに出来上がっている酵母が手助けしているのでしょう。




次は、2回目の酵母液の培養がどうなったのか?記事にしたいと思います。






関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する