あんこさんのワンローフを焼く(自家製酵母ライ麦ルヴァン元種)

寝込んでいたって、酵母のお世話はするのです。1日も怠らず、冷蔵庫の酵母たちを(ヘロヘロの身体で)かき混ぜました。

もちろん肌は極力出さず、マスクをし、アルコール消毒した手にラテックス手袋を重ね、さらにアルコール消毒。そして、素早く冷蔵庫を開けて、その間息を止め、素早い動作で酵母のお世話。

毎日の日課なので、これは寝込んでいたって、怠ることはできません。放置していたら、私の酵母が死んじゃうかも、、、、 そう思うと飛び起きちゃいます。


その甲斐あってか、どの酵母液も元種も、全てが元気です。よかったです。旅行中ぬか床を一緒に持って行く〜〜、そんな笑っちゃうようなウソみたいな話、「いや、本当にあってもおかしくないな」と真面目に思えるほどの愛しよう。




さあ、次にやることは!このライ麦ルヴァン元種で「あんこさんの山食ワンローフを仕込む!!」のです。




え!?3斤も??と思いきや、これはミニサイズ。1.5斤型のあまり生地で作った、ミニワンローフなのです。すごいかわいいの。

(酵母:自家製ライ麦ルヴァン元種、粉:ゆめちから100&E65、焼成200度18分)
送信者 2016bread


ミニでも小さな釜伸び。
送信者 2016bread


焼き色が違うのは庫内の配置の違いです。まだ身体は完全復帰していないので、細かいことまでは体力が回らず、手抜きしています。
送信者 2016bread



初回に焼いた時は、型から生地が飛び出し過ぎて、オーブンの天井に着く勢い(焦げたし)だったので、生地量が多い???と思い、今回は型の容積を計量し、型比容積を変えて生地量を算出しました。

うん、サイズは良さそうだけど、、、、、なんとも見栄えが悪いです、、、、 前々回の方が断然美味しそうな見栄えでした。

前々回の記事はこちら→http://room55.blog57.fc2.com/blog-entry-1884.html


(酵母:自家製ライ麦ルヴァン元種、粉:ゆめちから100&E65、焼成200度30分)
送信者 2016bread


型入れまでは良かったのだけどな。

ホイロから上がったら、まさかの肌荒れ!山部分の生地が裂けていました、、、。湿度が高すぎた??そのまま焼成しましたが、まさか側面もとは、、、、 パンチのタイミングが悪かったのかしら、、、、。内相はどうなっているのでしょうか、、、、ドキドキ。
送信者 2016bread


前回との違いは、酵母の違いのみです。粉もその他の配合も全て同じです。自家製レーズン酵母と自家製ライ麦ルヴァン。この、二つの酵母の違いによる「気をつけなくてはいけないポイント」が、まだまだわかっていません。(そんなのあるのかな?)これは数多く焼いて経験値をあげないとダメなのかな???



とりあえず、ワンローフは恐ろしく後退したことだけは確かです。





関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する