2016年バゲット42本目、43本目(実験酵母タイプC)

ベーグルの傍では42本目と43本目のバゲットを焼き上げました。

こちらも「実験酵母の確認」です。


(酵母:実験酵母タイプC、粉:TypeKT、仕込み粉:250g、加水:70%、焼成:300度予熱→270度15分→250度15分、スチーム:開始4分)
送信者 2016bread



今回、フロアタイム途中でしくじりました。

常温発酵していたのに、途中から夕飯作りに入り、発酵中の生地がワークトップ上で邪魔になりました。そこで、ベーグルと一緒に発酵器に入れたのです。発酵器の温度35度設定で稼働していたことをすっかり忘れていました!気が付いた時は生地はダレダレ、、、、。パンチを入れても、締まることなくフロアタイム終了。

成形で苦労しました。触りすぎて、生地を傷めた??と心配した方のバゲットがクープバッチリ開いています。あれくらいでは傷めたとは言わないのかしら??片方は控えめなクープ。こちらは焼成時、ホイルで囲うのが甘かった1本です。一度窯入れすると、二度と直せません。扉を開けると温度が下がるので絶対に開けたくないのです。
送信者 2016bread


とにかく生地が緩すぎて、成形が丁寧にできません。パンマットにもくっ付きそうで、心配。粉はこれでもかと振りました。
送信者 2016bread


夫はこっちのバゲットの方が好き(見た目)と言います。これは、好みの問題だよと。
送信者 2016bread


娘はこっち。
送信者 2016bread



ふう〜ん。そうなんだ。私はどちらも、、、、。今回、二本ともボツかな。焼きあがった時の、バゲットの重さと言ったら!ああ!違う!と思いました。この二本はとても重いの。

毎日ベーカリーで、嫌という程1斤や1本を持っているので、嵩に対する重さに敏感に反応します。(それも焼き上がり直後の)食パンを型から出す時、毎日微妙な重さの違いを感じています。その日の焼き具合、焼く人によってもまた違うし、、、、。私としては面白い瞬間です。とても勉強になります。

あの食パン型の蓋を外す時のワクワク。匂い、形、角や底、焼き色、重量、ぷるんとした揺れ具合。家庭用の1斤や1.5斤とは違い、1本(型)は3斤なので、スノコにだす時、ぷるんと揺れるのです。焼き立てアツアツは食パンと言えどまだ柔らかい。あの揺れ具合がまた微妙で、それぞれ違うから面白いのです。


パンって本当に奥が深いです。



この二本、明日のカット、気が重いです、、、、、。



関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する