暮らしやすいインテリアとは

先日から、ブログ村のカテゴリ「暮らしやすいインテリア」に参加しています。



私が思う「暮らしやすいインテリア」とは何だろう?考えてみました。



1.掃除のしやすさ(私が楽!)

2.整理整頓されている(家族全員何がどこにあるか把握している)

3.空間にゆとりがある(動線、視覚、共に窮屈に感じない)

4.家族全員、各自の部屋がある(プライベートの確保)


こんなところかな〜?デザイン性や視覚的センスはその次で、まずはこれらがあって「ストレスを感じない」「リラックスできる空間」に繋がるのかな、と考えています。それこそが「暮らしやすさ」だと。

そこにインテリアと言うキーワードが入ると難しくなります。


インテリアとなると機能性はさることながら、デザイン性も重要になってくるので、それこそ好みは家族バラバラ。千差万別です。でもね、各自の好みは自分の部屋で展開して貰えば良いのです。それこそ自分のお城として。



リビンク、ダイニングなど、家族共有のスペースは、親の考えで作り上げます。何しろ子供を育てているので、躾も踏まえて、教育的観点から環境も重視したいのです。(子供だからと、あまり子供目線に引き下げたくない)

三つ子の魂百までではないですが、育った環境が大人になった時のベースになるので、日々の暮らしは常に頭に入れて生活しています。「リラックス=だらしなくしても良い」にならないように。

もしかしたら、我が家では大人が思う「暮らしやすいインテリア」は、子供にとっては「暮らしにくいインテリア」なのかもしれません。


去年の最初の頃、まだダイニングとリビングを区分けしていた時のダイニングエリア。懐かしいです。
1-DSC_4266.jpg





関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村



管理者にだけ表示を許可する