クルミたっぷりのカンパーニュ

今朝、焼いたパンです。

クルミがたっぷり入ったカンパーニュ。袋に残っているクルミ全部を使ったので、粉々に砕けたクルミも入っています。色がほんのりクルミ色。

1-DSC_9947.jpg

窯出し直後。お鍋からはオーブンシートごと取り出すので、火傷の心配なしです。
1-DSC_9938.jpg

私は、カンパーニュの時、クープを深く入れています。特にフィリングが多い時や、硬いフィリングの時もやや深めに。クープナイフに引っかかるような場所はなるべく避けて入れてます。このチリチリとした縁、ガサガサとした肌。まさに田舎パン。ツルツルのスベスベでテカっているようなのっぺらぼうの肌の時は、スチームの当てすぎです。
1-DSC_9957.jpg

ホイロ完了の生地はこんな感じ。ふっくらとして弾力があります。表面を乾かしてからクープを入れます。ベタベタしている時にクープを入れると、刃に引っかかりツレるので、うちわで仰ぐなどして、風を当てて肌を乾かしてから入れてます。
1-DSC_9930.jpg

クープの深さも、最初はどれくらいが良いのだろう??とわかりませんでした。深いと言っても何ミリ??とか

今は自分でコレで良し!!と思えるところで良いと思っています。焼き上がりの姿を見て、自分で「おいしそう!これ食べてみたい!!」と思える姿が最終系です。
1-DSC_9934.jpg


カットが楽しみ〜〜。




<覚書>
加水:70%
焼成:300度余熱(お鍋も一緒に)→窯入れ300度10分→蓋外して270度15分


関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する