自家製レーズン酵母で作る無花果カンパーニュ

昨日焼いたパンです。


一昨日から仕込み、じっくりゆっくり時間をかけて発酵させた無花果カンパーニュ。今回はもっと焼き色を付けたくて、焼成時間は以前のまま、焼成方法を少しだけ変えてみました。

いい感じで焼き色がつきました。クラストを薄くしたまま、焼き色をつけるって難しいんですよね。
1-DSC_0177.jpg

内相です。無花果はやや大きめのダイスカット。生地にほんのり色がつきます。食べた時の食感、無花果のプチプチが良いですよね〜。食感と共に口の中に広がる香り〜。幸せ。
1-DSC_0183.jpg

ぺろっと半分食べてしまいました。残りの半分は職場のみなさんにお土産にしました。
1-DSC_0179.jpg


焼き色をつける場合は今回の焼成方法で良いことがわかりました。けど、この方法だとキッチンタイマーを何度も合わせ、こまめにオーブン温度を調節しなければいけません。結構面倒、、、、、。


もっとお気楽に焼くことができたらいいなー。デッキオーブン欲しいなー。




関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する