久しぶりのチョコリュスティック!

娘のリクエストで、朝一番、6時にガバッと起きて生地を仕込み、たった今焼き上げたチョコリュスティック。

仕込みから焼き上がりまで6時間。微量ドライイースト0.3%。うん、これなら午後からの出勤の日でもイケる!この時期、寒いので醗酵にどれだけかかるかが読めないと、予定の合間に焼くことができません。

自然光の下での撮影は、パンが綺麗に写りますね。いつも夜撮りが多いので、電球色のオレンジが強くて全然パンらしくない写真ばかりです。たまには、美しいパンの写真を撮りたかった。願いが叶いました。気分が上がるわ(笑)
1-DSC_6818.jpg


今回も焼成実験中です。

仕込み粉250gを四分割しています。加水72%。
1-DSC_6814.jpg

生地の置き場所が焼き上がりを左右します。

今回、右手前が焼成時間17分で一番早く焼けました。一番上の写真がそれです。もう2分焼いても良かったかな。焼き色が気持ち薄い。

遅れること5分。残り3個が焼き上がりました。クープ入れても何の意味もなかったようで、、、、
1-DSC_6830.jpg

クープとは関係ない場所がメリメリ避けています。
1-DSC_6831.jpg


バゲットとリュスでは、同じ焼成条件では焼けないかなぁ、、、、と言うのが今回の感想です。

焼成温度も300度→270度→230度と、段階的に下げています。今回は特にチョコチップが入っているので、フィリングが表面に飛び出している生地は焦げやすいので、焼成温度の管理が難しいです。

チョコを焦がさずに、こんがりと焼き色を付ける。この絶妙な温度をうまく見つけられません。こちらももう少し研究ですね。





関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する