ふわっふわのハムロールパン&家庭用オーブンで下火を強くする方法

今日は蒸し暑いですね。不快指数200%です。皆さん如何お過ごしでしょうか?

私はエアコンの効いたリビングで引きこもりです。外に出る気がしません、、、、。早く秋にならないかしら〜〜と心待ち状態。

冷えた部屋で焼くパンは格別です。職場(某ベーカリーの掛け持ち)の暑さと比べたらここは天国。昨夜から仕込んだ生地(低温冷蔵発酵)を使いせっせと作業しました。

久しぶりのお惣菜パンです。ハムロール!200度予熱、180度15分焼成。焦がさない、クラストを固くしない、しっとり仕上げる。でも焼き色は付ける。パンの焼成は火力が命です。しっかり火を通してパンを釜伸びさせる。それには下火は強く。しかし、家庭用オーブンで下火の調整なんて出来ませんから、ここからが技です。

我が家では、お手軽!そして効果抜群!これ以上の方法は無い!というやり方で下火を強くしています。


知りたいですか〜???知りたいでしょう???(もったいつけてみる)




いえ、何も難しいことはありません。(もったいつけてすみません)ステンレス板に銅板2枚を重ねる、3層構造が答えです。こんな簡単なことで、焼きあがりが全然違うんですよ!オーブンの火力がイマイチな方、是非やってみてください!私のオススメな方法です。
DSC_0587.jpg

お姉ちゃんにはマヨなしバージョン。チーズのみです。
DSC_0588.jpg

ふわふわの生地で、とても美味しいのです。この配合は私の中で不動です。この配合で仕込んだ生地を使い、色々と形を変えたパンを焼いています。
DSC_0598.jpg

あんぱんもふわっふわ。今回はこしあんです。息子大喜び。
DSC_0604.jpg





ステンレス板、銅板でお世話になっているショップさんです。有るのと無いのとでは焼きあがりに大きな違いです。一回でわかりますよ。私はハードパンに関わらず、菓子パンも、食パンも全てステンレス板&銅板の三層で焼いています。特に型ものには必要です。下火が弱いと底やサイドに焼き色がつかず、ケービングの原因になります。またトップは焼き色が付いているのに、サイドは真っ白!なんてことも。騙されたと思ってトライしてみてください。きっと変わるはず。




関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村



管理者にだけ表示を許可する