鉄欠乏性貧血の救世主になるか!?

ここ4年程、鉄欠乏性貧血に悩まされてる私ですが、実は一向に改善されていません。血液中の鉄分(ヘモグロビン)も足りなければ、体内の貯蔵鉄(フェリチン)も測定不可能なほど減少、さすがにその状態が何年も続いてきたため、いよいよ身体のあちこちに不具合が生じてきました。さすがにこれはマズイ感じです。

鉄欠乏性貧血、あまりにも酷くなると入院して輸血となります。貧血でですよ?入院なんて信じられない。でも、そうなんですって。鉄不足って実はじわりじわりと身体に負担を与えていくのです。私、軽く考えていたんですが、ここ1年ほど心臓に異変を感じています。そう思ったらゾゾゾゾ。真面目に治さないとマズイと思いました。


鉄剤は相変わらず飲めないので(副作用が酷い)、最後の頼みの綱はこれ!!スヌーピー!!ではなく、スヌーピーの鉄玉です!
DSC_8377.jpg

あらゆるお料理に使います。こうしてお鍋に水を張り、スヌーピーをドボン。
DSC_0618.jpg

かわいい〜〜。
DSC_0620.jpg

具材も入れてしまいます。煮込む事で鉄分が染み出す染み出す。そして、トングで取り出します。卵形の鉄球は摘み難いけど、スヌーピーは摘み易い。我が家のトングの穴にスヌーピーの鼻がぴったりです。落としたら、熱々の鉄球なのでそれは悲惨な事になりますから、ここは慎重に。
DSC_0624.jpg

洗って、拭いて、定位置に。
DSC_0627.jpg

これでどこまで貧血が改善されるかわかりませんが、1年続けてみたいと思います。それに合わせて、今まで続けていた「1日分の鉄分、飲むヨーグルト」と、牛肉、レバー、小松菜など食事からも鉄分を積極的に取り完治を目指す!
DSC_0628_20170719170333969.jpg

ちなみに、「1日分の鉄分、のむヨーグルト」、これを毎日1本飲み続けて2年経ちましたが、、、、、貧血は改善されませんでした。牛肉ステーキを食べた次の日の方が、よほど効果を感じました。やっぱりこれだけではダメなんだなと。サプリなどで鉄分を摂っても、体内に吸収されなければ意味がないので、その辺りが一番難しいですね。



鉄欠乏性貧血のみなさん、今ではすっかり忘れてしまいましたが、あの元気な頃の軽やかな身体を〜〜〜〜、今一度、取り戻そうではありませんか!(笑)







関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ



管理者にだけ表示を許可する