塾の掛け持ち、、、、、その後。

ああ、また忙しくてブログを放置。気がつくと10日も過ぎています。書きたいことはいろいろあるのだけど、秋風に舞う木の葉のように、すぐに落ち葉の中に埋もれて見えなくなってしまうようなものばかり。まあいいか。



さて、息子の塾の掛け持ち!その後どうなったかと言いますと、、、、、。

結果から言って、現行塾で続投です。お試しで通った個別指導塾は息子の希望により却下となりました。

二つを比較できたことで、今までの塾の良さが浮き彫りとなり、逆に本人の「辞めたく無い」「辞めさせられたら困る」と言う気持ちに火がつきました。進学塾で学ぶことが楽しいんですって。量もスピードもキツくて辛いけど、それでも学習内容がとても面白く、楽しいんですって。まあ、小学校では習わないことだものね。

塾に入らなければ本来知ることもない、触れることも無い単元の数々。(中学受験をしなければ進学塾に行く意味が無い。またその勉強は将来役に立つのか?高校受験に役に立つのか?いろいろ言われていますが、我が家はあまりその辺は重要視していません。むしろ、そんなことはどうでもいい。)

その違いがわかるんだね。母はそちらの方に感心してしまいましたよ。そこに面白さを見出せたこと、褒めてあげたい。塾の雰囲気とか、お友達とか、お弁当持ってひとりで通うとか、そんな上辺の楽しさを満喫しているのかと思っていましたから。ちゃんと価値はわかっているんだ。



「勉強の楽しさを教えたい。」

「頑張れば伸びることを教えたい。」

「やればできるんだ!と自信を持たせたい。」


この三つを軸にスタートさせたわけですが、勉強の楽しさは身を持って感じているようです。同じく大変さも。楽しいことにはもれなく苦しいことも付いてくる、それを学んで欲しいと思います。世の中、楽しいことばかりではないのですから。それすらも楽しめるように内部変換できたら、きっと素晴らしい人生の扉が開けるでしょう。



8月、9月と、華麗なる変身を遂げた息子。一応、塾生と言える最低ギリギリレベルの勉強を日々できるようになりました。まだ、最低レベルってところが残念な話しなんですけど、、、、、、まあ、以前の伸びきったパンツのゴムのような息子からは大進歩です。

10月のテストでは算数が更にアップし、過去最高を出しました。やっぱり男の子は算数が強い。本当にそう思います。そしてご多分にもれず国語が弱い。また、結果も出しやすいです。やった分だけすぐに効果が現れる。姉とは真逆です。男の子がやる気を出したら、女の子のそれでは敵わないとよく言われていますが、なんとなくわかる気がします。



「ヨッシャーーーーー!!オレ、やる気が出たーーーーー!!冬期講習も全部出る!!頑張る!!」


と豪語していますが、まんま鵜呑みになんかしていません。私はおまえの母さんですから、わかるのよ。これがそのまま続くとはハナから思っていないのよー。すーぐまた安心して怠けるのが目に見えている。今のやる気や情熱がこの先ずっと続くなんて、ハナから信用していないのよっ!!(口には出さないけど)

でも、そんな言葉が息子の口から聞けたことは喜ばしいことです。この気持ちが消えないように、萎えないように、親としてサポートしてあげなくてはいけません。しかし、これが難しい!親として試されていると毎回感じます。そして何度も失敗する私。子育てって実験みたいです><それも終わりの無い実験。日々プレッシャーを感じています。


まあ、失敗しても化学室がぶっ飛ぶほどの大爆発を起こさなければいいか。いや、大失敗で親子共々チリチリの丸焦げになっても、それはそれで良い経験になるからいいか!と、わりと能天気でもあります(笑)


さて、来月はどうなるかな??




関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村



管理者にだけ表示を許可する