FC2ブログ

またまた最低点を出した息子

茉莉花(マツリカ)

茉莉花(マツリカ)

もう先月の話なのですが、、、、

大手進学塾に通う息子。毎月ある大きなテスト、これはクラス分けに関係する大切なテスト。入塾から徐々に上昇し、そしてあっという間に急降下。墜落寸前まで行き、なんとか平行飛行。そしてまた急上昇。このまま大気圏を突破しろ!親の願いは無なしく、またもや急降下。と言いますか、きりもみ状態で失速、、、、、。

本当にもーーー!!

まったく学力が安定しない息子です。まるっきり本人任せでは無く、親も先生も関与しているのにこの有様です。でも半分以上は本人任せにしているので、それが悪いのか??我が家は、そこまで親はベタつきしない教育方針です。最終的には本人のやる気が大切だから、それを養う為にも、あまり親は管理しない。


塾には毎週居残りでお世話になっているにもかかわらず、先月の結果はさすがに先生もがっかりしたようで、自宅で何をやっているのかとお叱りを受けました。

えーと、えーと、、、、、やることはやっているのです。(最低限だけど)でも頭がザルなのです。だだ漏れなの、、、、。最低限しかやっていないから、漏れてしまったら何も残らないのね、、、、、。


隣りでは塾の校長が生徒を前にしてめちゃくちゃ怒っています。ヤクザなみの怒りかたで私はびっくり。小四にそこまで言うか!?ものすごいプレッシャーを掛けていました。(賛否両論ありますが、私はこんなところが好きです)あー、次は息子の番だな、、、、。


息子は「あれ、僕と同じクラスの子、、、、、」震え上がっています。


親に言われてわからない子は、先生に怒ってもらうのが一番効果があるのかもしれません。塾はこちら側もうまく利用しないと、、、、と思うのですが、、、、


息子の担当教師には、うちの子のように成績が上がったり下がったり、最高と最低の差がバカみたいに開いている場合、親は何を信じていればいいでしょうかね??と聞いてしまいました。もう、わけがわからないんだもの。もしかして、うちの子バカすぎて塾についていけないお客様状態なのではないか???これはいよいよ辞めどきか??頭を過ぎります。



「いえいえ、お母さん、良い時がその子の力なのです。そこまで出せる力を持っているのです。これを確たるものにする。ぜひ伸ばしてあげましょう。」



こうして、私たちは甘い蜜に吸い寄せられる虫の如く、また絡め取られてしまうのでした、、、、、。


どっちがどっちだか、本当にもうー。










関連記事

帰ってきました!インテリアカテ!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
Posted by茉莉花(マツリカ)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply